宮城学院女子大学演劇部
宮城学院女子大学の公式ホームページです。主に公演のお知らせを行っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引退生 卒業生
引退生、卒業生

-2013年度-
菊田あみ
齋藤美希

-2010年度-
生沼未来

-2009年度-
鑓水暁子
小山琴美
小林央
渡辺千賀子
坂下真由理
亀井さや香

村松可奈子
柴田祥子
斎藤花

-2007年度-
遊佐瞳 通称キャッツ。ナチュラルな演技と大人な言動でファン急増中。照明は作り込み型。
菅井恵利子 通称会長。達観した物の見方が演技に活かされること間違いなし。音響として奮闘中!
佐藤かおり 通称モモ。3.5枚目なキャラで我が道を行く舞台監督。2009年度部長。

大友瑛美 持ち前のピュアさで成長度抜群!小道具としての期待も大。

江川貴美子 愛情込めて作る舞台装置には定評アリ。役作りも同じく、作り込み型!
小池静香  おしとやかで可愛いのに、青年役もピッタリはまる。初公演からすでにファンが何人か…。衣装・小道具の星!
佐藤ひかる 仕事の細かさもさることながらオールマイティ。演劇にかける情熱も半端じゃないです。製作・照明の星!2008年度部長。
佐竹汐里 小動物のようなその演技は、コメディ場面には欠かせない!?待望の制作班。
佐藤真希 強盗役から可愛い子役まで、演技の幅はどんどん広がっていきます。繊細で優しい衣装の星!

越田紗由美 クールで乾いた笑いが上手。磨きがいのある真っさらな、音響の星!
宍戸茉純 MGの小沢真珠。眼鏡萌え暴走さえしければ美人なのに。照明の頭としても活躍。
松井美穂 言動が劇的な所が真の演劇部員っぽい。宍戸と同じくおとなしくしてると美人なんだけど…衣装の頭としても活躍。2007年度部長。
鹿野又智美 お笑い芸人をこころざすMG切っての爆弾娘。史上三人目の制作班。
最上翔子 自然な演技や、舞台の動き方の細かさに、部員の感嘆の声を集めます。舞台の頭として活躍。

佐藤麻衣 物怖じせず思い切りのいい美人な姉御。その美貌で舞台に華を添えます。衣装メイクの頭、演出としても活躍。
中條有貴 はかなげなルックスから入部以来ファン急増中。現在も勢いは止まらず。音響頭、演出としても活躍。2006年度新部長。
張娜 とても可愛く、笑顔と声に癒される人続出。語学の壁を越えようと必死に努力中。元気いっぱいな期待の新人!
遅皎潔 落ち着いた中に花がある女性。にじみ出る頑張りが伝わってきます。穏やかな微笑みの期待の新人!

高垣綾 小道具の神として君臨。抜群のセンスで小道具を作りまくる。制作作業も3倍のスピードでこなす。

阿部なおみ 青ジャージがトレードマーク。(本人は不本意なようですが)。最近は猫に対する異常な愛が犯罪に発展しそう。
出雲ゆうこ 癒し系の皮を被った怪物。ひとたび舞台に上がるとこなせる役幅の広さ、安定した演技で部員を引っ張ります。
岩永綾子 途中入部なのに濃い。濃厚な演技には定評あり。本番で化けるタイプ。照明や衣装で活躍。
近藤由香梨 いわずと知れたMGDの看板役者。清純派の少女から三枚目な男役までさらりとこなす。部長として部員を支える照明頭。
菅野めぐみ 動きの切れがいい。パントマイムでチャーハンを炒める。気ままに生きているので休部中。
鈴木佳奈 姉御肌な空気を感じる。アダルトな会話の中心になる女。衣装メイク班として活躍。
宮城由香利 照明の星。針金細工の職人でもあったりする。最近は小道具チーフ。
廖婉如 一年だけの参加だけどもうすっかり演劇部員。正真正銘のチャイニーズビューティ。二ヶ国語を駆使する。
   
大野雅子 MG役者頭。戦隊ものならきっとレッド。音響プランナー・オペレーターとしても活躍。
梶原郁絵 器用。歌って踊れる。メイク術も凄い。演出としても活躍。
高橋麻衣子 常にクール。とりあえずツッコミ派。
山本愛 小動物のよう。舞台でのテンションの高さは目に見張るが、部室でもはりきっている姿を多く目撃する。
齋藤ちぐさ 制作の仕事人。常に宣伝や管理に頭をひねる。戦隊ものならきっとブラック。
   
安達智美 七色の声を持つ。アドリブに強い。時にシュール。いや、最近シュールすぎる。
宇佐美千穂 舞台上での動きがすごい。OGの某先輩に似ているとの噂。
佐藤千明 部に入った頃と今ではビックリするほど化けた。
菅原香奈 キャスト、衣装メイク、舞監、照明など何でもこなす。
藤田恵子 空回りするほど元気がいい。なじられいじられ愛される。
   
相澤佳加 元部長。格好良い+可愛い為、部内で「かっこいい!」「かわいい」!を聞かぬ日はない。
安藤舞 うちの道具類はかなりの割合で彼女の作品。その道具類はサークル棟では名物になりつつある。影の支配者(ラスボス )
菅原由紀子 競馬好きということが浸透しつつある。何かあるととりあえず笑う。笑い袋。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 宮城学院女子大学演劇部 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。